役立ち情報

SIMなしiPhoneの活用法。写真はPCに取り込める?色々解決。

大手キャリアから、ナンバーポータビリティでUQにチェンジしたときに、iPhoneSEがつくプランのほうがお得になります、みたいなキャンペーンをやっていて我が家にやってきたiPhoneSE。旦那分とあわせて2台。

iPhone7をそのまま使いたかったためSEはずっとクローゼットで眠っていたのですが、これまで使っていたiPhone7のカメラの調子が悪くなったので、カメラ代わりとして使える?と思い引っ張り出してきました。

そんな中、SIMのささっていないiPhoneはどこまで使えるの?という疑問が。

本記事では、SIMがないiPhoneでできること、できないことをまとめてみました!

SIMなしiPhoneで出来ること・出来ないこと

SIMのないiPhoneで出来ること、出来ないことをまとめました。

SIMなしでできること

出来ることはこれらです。

Wi-Fi環境がある場合

  • インターネット
  • LINE、Skype(LINE、Skypeによる通話も可能)
  • YouTube閲覧
  • SNS
  • ゲーム
  • メール(Gmailなどのフリーメール)

Wi-Fiがなくてもできること

  • カメラ代わりとして利用
  • 音楽をPCから取り込んでポータブルミュージックプレイヤーとして利用

とった写真などはもちろん、データとしてパソコンなどに取り込むことができます。

今はデジカメよりもiPhoneのカメラの方がキレイだったりするので、眠らせておくのはもったいない!

SIMがないとできないこと

  • 電話
  • 携帯メール(docomo、au、SoftBankなどのキャリアのメール)
  • iOSのアップデート
  • iTunesとの同期

ただ、iOSのアップデートやiTunesとの同期は、その時だけSIMを入れれば出来るようになります!

子ども用iPhoneとして活用するのも手

普段使っているiPhoneを子どもに貸すと、勝手に誰かに電話したり、Youtubeのコメント欄にいつのまにか謎投稿していたりとヒヤヒヤすることも。

SIMなしiPhoneなら、勝手に電話をかけることもないし、メールやLINEなどのアプリを入れなければ勝手に送信されることもなし!

我が家は、子どもがぐずったときなど、子ども用iPhoneとして活躍してもらうことにします。

【まとめ】眠らせているモノの中に宝あり

これまで1年以上眠らせていたiPhoneSE、やっと活躍するときが来ました(笑)。

子どもが生まれるとカメラロールがあっという間にこどもの写真で埋まるので、カメラ代わりになる別のiPhoneがあって良かったかも。

なお、撮った写真はPC接続やBluetoothを使用して、普段使っているiPhoneに移したりPCに取り込むことが出来ます。

これからどんどん活躍してもらおう!!