ママパパにおすすめ

子連れで行く水遊び・海水浴の持ち物リスト完全版

子どもが喜ぶ夏の遊びといったら・・・水遊び!!

今年の夏はおなかの中に次男がいる状態だったけど、長男を連れて、水遊びのできる公園、子どもでも安心して遊べる川、海、プールとたくさん水遊びをしに出かけました。

まだ小さい子どもを連れていくときに持って行くべきものを紹介します。

海水浴、水遊びに絶対持っていくもの


□水着
□水遊び用オムツ(まだオムツであれば)
□ラッシュガードまたは上着
□マリンシューズまたはサンダル
□バスタオル
□帽子(顎ひもがあると安心)
□日焼け止め
□飲み物
□クーラーボックス
□着替え・下着
□浮き輪
□ビニール袋(ゴミ袋)
□絆創膏・消毒液
□ビーチパラソルまたはサンシェードテント
□レジャーシート
□キャリーワゴン

海水浴であったら便利な持ち物


□充電式扇風機
□水中のぞきメガネ
□シュノーケルセット
□ライフジャケットまたはアームヘルパー
□砂遊びセット
□防水カメラ
□メイク落とし・化粧水・乳液・化粧品(ママ)
□空のペットボトル数本(現地で水道水を入れます。砂落とし用に。)

海では、日差しを避けるためのパラソルかサンシェードは絶対必要だと思いました。海の中では帽子も。頭皮、真っ赤に焼けます。
また、足下は個人的にはサンダルよりマリンシューズを強くおすすめします!
貝殻だらけの海でも快適に過ごせます。
一緒に行った甥っ子はサンダルを履いていたのですが、脱げてしまったり砂利が入ったりつらそうでしたので。。。

我が家も今年の夏のイベントのために、いろいろと揃えました!

これらは海水浴や水遊び、また、公園へのおでかけにも大活躍したので、揃えておいて損はないと思います。

海水浴で大活躍するおすすめアイテム

 

 

まずはサンシェードテント。海水浴以外にも使おうと思ったので、ワンタッチテントにしました。開閉は女性1人でもでき、風通しも良く、快適に過ごせたのでおすすめです。
 

 

コールマンのワゴンと迷いましたがこちらを選択。タイヤが大きく砂にも埋まらない、折りたたんだときに自立する、耐荷重150kgがポイント。たたんだ時の大きさはコールマンのワゴンの方がコンパクトでしたが、ワゴンそのものの重量は差がなかったのでこちらに^^砂利道でも海の砂にも埋まらず快適に荷物を運べました!

 

 

このマリンシューズ、本当におすすめです。表面ツルツル、足にしっかりフィット、なのに安い。表面がメッシュだと、穴に砂が入ったりして洗うのが大変なんですがそのストレスがない!

 

 

リンネのラッシュガードも安いのに良い。ここの商品リピートしてる。肌触りよし、手の甲焼けないサムホール、小物が入るポケット付き。

 

 

こちらもリンネ。サーフパンツもUVカット、肌触りよし、チャック付きポケット有で小銭とか入れておけます。 長さもショート、ミドル、ロングから選べます。

 

 

持ち運びやすいと思って空気を入れて使うタイプを購入。顔をくっつけても痛くないし水中もかなりはっきり見えました。使い方次第で穴が開いてしまうかも。多少かさばっても、プラスチックタイプが良い方はそちらを!

 

スターを買いましたが、かわいい!だけど着用を嫌がって結局未使用に……。作りがしっかりしていていい感じ!

 

 

この扇風機、小さいのに風力があって大活躍!!フル充電状態でどれくらい持つか、まずは風力2番目で実験しましたが、22時就寝、7時起床でまだクルクル回ってくれていました。ビーチテントの中でも活躍してくれます。

準備を万全にして快適に海水浴を楽しもう!

夏の暑い時期に海水浴を楽しむには事前の準備が大切です。

快適に過ごせるように持ち物を揃えて、海水浴を楽しみましょう!!